3rd demo “till you sleep” リリースによせて

お久しぶりです、kawairitsuギターボーカルの小島です。

さて、タイトルにもある通りですが…

kawairitsuは来る6/13に、

3rd demoとなる”till you sleep”を、
CDでの発売に先立ち配信リリースします。

今までの音源の例に漏れず、主要なサブスクや配信サイトにて聴くことができるようになります。要チェキ。

とても大切に作り上げた3曲なので、正直何から書けばいいのか、またどの程度書いていいものかと考えていたら、既に脳内で収拾がつかなくなっております。
とりあえずライナーノーツ的なものをつらつらと綴ってみますので、ティーザー等と併せてお楽しみいただけたらと思います。

では張り切って、レッツゴー。

1.ホームにて

今作において唯一、僕が作詞・作曲を担当している楽曲です。

この曲を思いついたきっかけは、大学時代のバンドサークルでの友人と宅飲みをし、酔って寝たその夢の中にこの曲が出てきたことです。
学校の体育館みたいなところで、俺と複数のプロミュージシャンが輪になって、この曲のAメロ(なんなら歌詞もまんまです)を合唱していました。あわてて目覚めてボイスメモに録り、その後シャワーを浴びていたらサビまでするっと出てきました。あんな経験は後にも先にももう無い気がする。

ちなみにどんなミュージシャンがいたかはあんまり覚えていないのですが、とりあえず向井秀徳氏がいたことだけはハッキリと覚えております。このKIOKUだけは貴様に伝えたかった。

夢に出てきたAメロに導かれるようにして、そこまで時間を掛けることなく、いわゆる「産みの苦しみ」的な感情とは無縁なまま完成させられた歌詞なので、テーマ的なものにもそこまで拘泥することはありませんでした。

ただ、書き上がった歌詞を見て想起されたのは、忘れていくこととか、大丈夫になっていくこととか、そういったことが救いではなく、虚しさとして映る瞬間の風景です。

気がついたらそんなような歌になっていましたが、常日頃から僕が無意識に考えていたテーマであることは間違いありません。
展開も言葉も拙作の中で一、二を争うくらいミニマルですが、個人的にはとても気に入っております。同じように気に入っていただけたら此れ幸いです。

2. I thought I’d be the (only) one.

この曲が完成するかなり前から桑山がスタジオで(僕のギターで)この曲のリフをよく弾いていたので、曲の形をなして上がってきた時には個人的に「待ってました」という感じがしたのを覚えております。

個人的解釈を多分に含みますが、この曲には歌詞にもメロにも、kawairitsuの標準形の一つといえる強度があると感じています。
我々3人で顔を突き合わせて「こういうテーマでいっせーので曲書こうな!」みたいな話をしたことは皆無なのですが、自分や岩崎の書く言葉とシンクロする部分が多分にあるように思えて、歌っていて熱が入る曲のひとつです。
憧憬と現状のギャップ」とか、そういったテーマにピンとくるそこのあなた、きっと気に入ると思います。騙されたと思って再生ボタンをひとつ。

3. ほころぶよる

これも桑山が詞曲を担当しております。

バンドをこう何年もやっていると、自分たちにしかわからないターニングポイントみたいなものが生まれてくるものですが、出来上がった音源を聴いていると、この曲も間違いなくその一つだと感じます。

上に述べたことと若干重複しますが、我々は各々の曲のテーマをディスカッションしながら決めることは皆無だったので、初めてサビの歌詞を耳にした瞬間、図らずもこの曲が「ホームにて」と遠くないメッセージを内包しているように思えた時には、シンプルに鳥肌が立ちました。

音による感情の発露のさせ方が僕と桑山で違いつつも、共鳴する部分もきちんとある楽曲であり、このバンド内、ひいては聴いてくれるみなさんとの共通言語たりえる曲だと確信しています。

この作品をコンセプチュアルなものたらしめているのは、間違いなくこの曲によるところが大きいです。
可能であれば一人きりの部屋の中で、照明を落として聴いてください。



企画が延期になり、この作品が先立って出ることに関しては、メンバー三者三様、それぞれの想いがあります。
作品を出すからには何かしらの決定打として機能して欲しいという想いはどうしたってありますし、かといってあまり温め過ぎても機を失うようで、正直悩ましいところではありました。

ただ、僕からハッキリと言える理由としては、大切に作った楽曲に詰め込んだ熱量を、なるべく余すところなく、かつなるべく早く届けたかったというものがあります。

世の中が少しづつ「いつも通り」の形に戻ろうとしている昨今ではありますが、心の蟠りや取り留めのない憂鬱が完全に晴れてくれないことに辟易する瞬間もまた多くあるかと思います。そんな今だからこそ、僕らの曇り空みたいな楽曲たちが、少しでもあなたの力になれば、と願っています。

夏の終わりまでお互いの生活を全うできた暁には、ぜひともライブハウスで讃えあいましょう。kawairitsu企画がそんな場になることを、メンバー(きっと競演者も!)一同心待ちにしております。

疫病とか関係なく、季節柄風邪など多くなるかと思いますが、
あったかくして、美味しいもの食べて、どうかお元気で。

では、また近いうちに。

小島

小島、バンド半生を語る・前編

お疲れ様です。kawairitsuギターボーカルの小島です。
ついこの前年が明けたかと思ったら、もう3月ですよ。

私個人としては今回で二度目の投稿になります。Twitterであれば欲望のままに綴っても多少は許されると思うので、挫折することなく気兼ねなく続けられていますが、こうまとまった文章になるとどうしたって緊張しますね。いつか慣れる日は来るんだろうか。
というわけで、正直まだまだビビりまくりながらの投稿になりますが、何卒お付き合いください。

以前kawairitsuのTwitterアカウントにて、ブログの投稿内容に関するアンケートが行われたのですが、一番得票数が多かったトピックが「自己紹介」でした。

公共の場で「自己紹介をしてください」と言われてもまごつきまくるような人間なので、正直何から話したものか、と思ったのですが、ひとまず今回は自分の楽器・バンド経験の遍歴なんかを話そうかと思います。

まず、についてですが、これはもうほんっとーに幼少の頃から歌ってました。「物心ついた時には」ってやつですね。

おばあちゃんの前で氷川きよしを(若干デフォルメしつつ)歌って喜ばせたり、カラオケでは「ハム太郎とっとこうた」をエモーショナルに叫び散らかしたりしていました。当時はまだ性格も明るかったんですよ…(遠い目)
小学生時代になると、ORANGE RANGEとか大塚愛とか、テレビから流れるようなポップスを主に好んで聴いていました。初めて買ったポップスのCDも大塚愛でした。
お風呂場で歌いすぎて「うるさい!」って言われたこともしばしばです。主にそんな少年時代でした。

で、ギターを手にしたのが中学1年の終わり頃です。
当時コブクロやゆず、YUIあたりを見ていた小島少年は、なぜか「どうせ歌うなら自分で伴奏ができたら楽しくない?」という発想に至ったんです。(正しかったと思う)
なけなしのお年玉を使って、某オークションサイトで超安物のアコギをポチったのですが、その質たるやまぁひどいもので、

・指板が真っ平ら(傾斜が一切なくて押さえにくい)
・各部品もガッタガタ、なんか音痴な気もする
・なぜか内部からお好みソースみたいな匂いがする

といったとんでもない代物でした。(あのブランドってまだ存続してるのかな…)

そんなハプニングもありつつ、その一年後くらいにちゃんとした入門用のアコギを手にし、主にBUMP OF CHICKENやチャットモンチーといった日本のロックバンドの曲を、コードを覚えつつ練習していました。バンドというものを意識し始めたのはその頃です。

高校に入り、茨城の片田舎のギターショップでエレキギターを買ってもらった僕は、すでに存在を把握していた軽音楽部に入り、同級生とバンドを組むことになります。バンド名は「World In My Pocket」です。略すと「WIMP(弱虫)」になります。オシャレでしょ?

記念すべき初ライブの曲目は確か、

・Killer Tune / ストレイテナー
・修羅 / DOES
・Missing / ELLEGARDEN
オリジナル曲2曲

でした。初ライブからオリジナルやるって正直どうかしてたと思います。
ベースと僕で1曲ずつ作って、ベースの方の曲はハードコアみたいなやつで、僕は普通のギターポップです。曲名は「水色少女」です。あぁ恥ずかしい。

そのバンドとしては、主に僕の地元である水戸のライブハウスに出演することが多かったのですが、当時対バンしていた同級生の中には、現在大人気のthe quiet roomなんかもいましたね。

PVを見るとお判りかと思いますが。ボーカルの菊池くんはナイスガイです。当時からそうでした。
彼はおそらく覚えていないと思いますが、謎に水戸でエンカウントして二人でカラオケに行き、何故か凛として時雨をデュエットしたこともあります。(ちなみに僕が345でした)

高校時代のバンドメンバー、特にベースには、今の音楽遍歴の基盤をほぼ作られたと言っていいです。初対面の次の日に借りたCDはUNISON SQUARE GARDENの1stでしたし、当時出たばっかりのandymoriを猛プッシュしていたり、先見の明が尋常ではなかったです。
あの頃教わったバンド、コピーした楽曲のほとんどは、今でも超お気に入りです。

調子に乗って書いていたら少し長くなってしまったので、大学時代以降の活動については、機を見て少しずつ綴ろうかと思います。(需要あるかわかりませんが)

kawairitsu結成のきっかけや、kawairitsuで演奏している僕の楽曲にも関わるような話ができるので、読む価値はあると思いますよ、きっと。

それにしても、こうして書くとどんどん自分のことを書きたくなりますね。これからも小出しにしていけたらと思います。みんなが引かない程度には、ですが。

それでは、また近いうちに。

ライブ告知

2020.4.11(土)
大久保HOTSHOT
Forest Gump vol.13

w/
レンガの跡
CocoLilikaproject
ハイカーシック
momoko

open 18:00 start 18:30
charge ¥2,000 +1D

※kawairitsuは20:15からの出演を予定しております。
チケット取り置きはこちらから

私イワサキがよく喋る(オーディションの投票とか3月のライブとか無料配布のCDのこととか)

どうもみなさんこんばんは
kawairitsuの赤いベースとおっきい服を着てる方、イワサキです。

我々のWebサイトがリニューアルし、ブログもみんな書いていこうぜと相成りまして、この度遂に私にもお鉢が回ってきたというわけです。

この前のライブのお礼や企画やりますよーなんてことは先日にドラムスkwymが書いていましたので、こりゃ一体わたしゃ何を書けばいいのじゃと戦々恐々としていいたところなのですが、幸いなことにフェス出場をかけたオーディションだとか、3月のライブだったりだとか、はたまたライブハウスに来てくれた貴方に渡しちゃう無料のCDなんてものもありますぜなんて、意外と話したいことは沢山ありました。ありがたいかぎりです。
てなわけで、今回はそんなお話でもべらべらと喋ってみようかと思います。

律っちゃんを夏フェスに連れてって

いきなりなんのこっちゃと思うかもしれませんが我々kawairitsuは現在、今年の4月25日(土)、4月26日(日)に開催のARABAKI ROCK FEST.20の出演をかけたオーディションに参加しております。2/12(水)までが一次審査で音源審査+webでのリスナー投票なわけです。これが通ると今度は仙台でライブ審査。

どうやら1人1日1票入れられるらしいです。
日ごろkawairitsuのことを応援してくださる貴方だったり、kawairitsuなんて知らなそうだけどもしかしたら気に入ってくれるのではなかろうか、なんて雰囲気を醸している貴方の友人だったりが気まぐれに入れてくれる1票によっては、我々がフェスに出れちゃうかも。なんてことが起こりうるかもしれないぜってお話です。
短い期間ですので何卒応援よろしくお願いします。

投票はこちらから

しかし夏フェスに連れてってと言ってしまっているがアラバキの時期って思いっきりGWじゃん…

次のライブは3/1(日)@大久保HOTSHOT

はい、そして3月のライブのお話です。3月1日は大久保HOTSHOTでライブです。

2020/03/01 大久保HOTSHOT
2020年3月1日(日)
「FanfarE Vol.2」

w/
育(浜松)/SKYCLIMBERS/ハイカーシック/くまね/谷川智宏
OPEN 17:30/START 18:00
CHARGE ¥2,000+1D
※出演は19:45~を予定しております。取り置きはこちらから

実は 大久保HOTSHOT は5/2開催の我々の自主企画under a roof vol.2(詳細はこちらをみておくれ)にも出演するそして僕達は途方に暮れると初めて出会い、対バンした地でもあり、Voの上地君がかつて店長を務めていたライブハウスでもあります。

すなわち under a roof vol.2 のを築き上げるうえでも非常に大事な場所であるわけです。

そんな彼らのMV、ノスタルジックさとエモさが同居した楽曲達がとにもかくにもとてもかっこいいバンドなんですよ。お互い成長した姿を5/2にぶつけあえるのがとても楽しみ。

さて、お話を3/1(日)のライブに戻すわけですが、

個人的にはかつて一緒にTOKIOのコピバンなぞをやったりしたナカザト君率いるSKYCLIMBERSと対バンだぜ(てか大分彼にも会っていないななど懐かしい気持ちにもなったり)とかいう楽しみだったりもあるわけですが、我々kawairitsuとしてはやることはいつも通りです。
エモくてかっこよい曲をかっこいい演奏で、ライブハウスにお越しになる貴方達にお届けしますぜっていうバンドとしてシンプルだが最大のおもてなしをしたいと思っております。是非ともライブハウスで目撃してくださいな。

会場限定無料配布CDあるってよ

そしてなんと我々、ライブハウスに来てくれた貴方達にプレゼントを。的な感じで現在会場限定で無料配布CDなるものをご用意していたりします。

下北沢REGでのライブが音源となっています。我々がどんなバンドか一番伝わりやすい作品なのではないでしょうか。是非見て聴いて確かめてくださいな。

ドラムスkwymによるミックスマスタリング&映像編集。スタッフ総動員で都合6カメ配置による気合の入ったカメラワークによる全編公開中な本作品なわけですが、折角だからCD版も出しちゃえってことでこの度会場で無料で配布しております。 大いに期待してライブハウスに遊びに来てください。

ジャケットデザインも気合が入っております。これが無料なのだから結構すごいのではなかろうか。

そんなこんなで大分ブログっぽい感じのものが書けたのではないでしょうか。きっとkwymの大将も快く合格の2文字を与えてくれると信じております。
そう遠くないうちにまたこうしてべらべらと喋りにやってきますのでどうぞよしなに

kawairitsu 岩崎

REMEMBER ME / under a roof

こんばんわ。kawairitsuのkwymです。
公式ブログ2発目は私からお届けします。

RE:CHORD、ありがとうございました。

2/1(土)RE:CHORD自主企画「REMEMBER ME…」@赤坂CLUB TENJIKU、ありがとうございました!

そして、

新メンバー加入&新バンド名、おめでとうございます!

Voたかしさんは書道家だそうです。達筆。

kawairitsuは初手で迎え撃ちました。
意外と久し振りの曲が多かったんですが、楽しめて頂けていたら幸いです。

2020.2.1(土)赤坂CLUB TENJIKU
RE:CHORD × Bluemy Entertainment pre
『REMEMBER ME…』

<セットリスト>
1. ホームにて
2. Algernon
3. 心做し
4. 無個性の街
5. 日々

対バンの皆様もについて語ると枚挙に暇がないのですが、個人的には関西から出陣のmilopensasがめっっっっっちゃくちゃに好きでした。

milopensas

ライブ見たあとで確信はしていたんですが、やはりVo.中西さんからplentyが好きだと伺いました。
plentyが好きなバンドはだいたいドツボ。これは決まっている事項です。また会いたい。次東京来たら絶対見に行く。
早く彼らに追いつかなくては、とメンバー一同改めて燃えております。

お知らせをいたしました

さて、そんなRE:CHORD改めリメンバーミーの企画にも関わらず我が物顔で告知をしたのですが、

kawairitsu、
2度目の自主企画を開催します!

under a roof vol.2

kawairitsu presents
new mini album『till you sleep』リリースイベント

under a roof vol.2

2020.5.2(土)
赤坂CLUB TENJIKU

open 17:00
start 17:30

前売 ¥2,000
当日 ¥2,500 (+1drink)

[出演]
ennui ennnuit
アサカミドリ
UNFOLDS
そして僕達は途方に暮れる

はい、錚々たるメンバーです。勝ち確定。

しかもありがたいことに、出演バンド全員がオファーから2週間と経たずにご快諾くださったんですよね…。
普段花散るライラとしてお世話になっているBluemy Entertainment齋藤さんも素早く会場のご手配をしてくださいました。企画立ち上げまでスムーズすぎてびびります。本当にありがとうございます。

これは声を大にして発信しているわけではないんですが、
kawairitsuの音楽は少しずつある方向に向かっています。
今回ご出演頂くバンドは、きっと同じような方向を向いているんじゃないかなと個人的に思っている方々です。

きっとライブを見に行くときって、どれかひとつのバンドだけを目的に行く方が多いとおもいます。
僕もだいたいそうなんですけど、でも対バンのバンドを一緒に見て、めちゃくちゃかっこいいな~~って思うことがすごく多いです。

今回の企画に遊びに来てくれた皆様にも、同じ体験をしていただけたら良いなと思っています。
我々を見に来てくださったならばきっと出演バンドすべて気に入っていただけると思います。
逆に出演するバンドを見に来てくれた方々に、kawairitsuのライブを見てほしいと思っています。

そんな意味を込めて、「under a roof」という企画名をつけています。

他の意味もあるんですけどね。
ほんとは後付けなんですけどね。

当日ご出演頂くバンドを知ってほしくて、Apple musicの予習プレイリストを作りました。
こちらからぜひぜひ聴いてください。

Apple music

ひとつ屋根の下で、この空間を目撃してくれると嬉しいです。

kawairitsu 桑山

「拝啓、皆さま。」

 こちらではお初にお目にかかります。kawairitsuボーカルの小島です。
この度弊バンドの公式サイト、およびブログが正式に始動するということで、何を書こうかと思案しつつも筆を執っています。
 実際はキーボードを叩いているのに「筆を執る」ってどうなんだ、と今一瞬自問しましたが、コーヒーショップに行くのにも「お茶する」って表現を使う国なので大丈夫ですよね。この国の言葉のそういうよくわからんゆるさがたまにすごく愛おしいです。ビバ日本語。

 近頃の僕はといえば、倉橋ヨエコさんの曲ばかりを聴いています。きっかけは「Apple Musicに前なかったアルバムが追加されてることに気づく」という個人的あるあるです。サブスク解禁で盛り上がる有名アーティストならいざ知らず、マイナーなものって調べなきゃなかなか気づけないんですよね。
 自分が歌詞を書く上で礎になっているソングライターは何人もいますが、間違いなくヨエコさんはその一人です。パンチラインだらけです。枚挙に暇がない。
「惨めじゃない日はありません」とか、「泣き止んでみても外はもっと雨」とか、場合によってはただただ陰鬱にしかなりえないような言葉を、真似のできない声やメロディーで正のエネルギーにして届けてくれる、唯一無二の存在です。「特に落ち込んでいて、とてもじゃないけど明るい歌は聴けないけれど、何か立ち直るとっかかりが欲しい」って時にはうってつけだと思います。
 後期のアルバムはどれも素晴らしいけれど、個人的には「色々」というアルバムが特におすすめです。先述した歌詞の曲もばっちり入ってます。ぜひ。

閑話休題。
令和2年(「もう!?」ってなりますよね)、kawairitsuとしてもより一層の気合と計略を引っさげて、全力で皆様を楽しませる所存でおります。ただなんとなく終わる一年じゃなく、しっかりとした意義のある一年にしていきます。遅ればせながら、今年の僕の決意表明です。
 まずは2月1日、赤坂TENJIKUにて、皆様をお待ちしています。来られる方は楽しみましょう。

 筆不精でブログは続いたためしがない僕ですが、バンドのことはもちろん、日々触れる音楽とか映画とか、そういったものたちについても貪欲に語っていければと思っています。ちょうどこの記事みたいに。
とはいえ読み物としてストレスのないものにもしていきたいので、ご意見なんかがあればぜひお待ちしています。

それでは、また近いうちに。

ライブ情報

2020/02/01 赤坂CLUB TENJIKU
RE:CHORD × Bluemy Entertainment pre. 【REMEMBER ME…】
OPEN 17:00/ START 17:30
ADV ¥2400 +1d / DOOR ¥2900 +1d

RE:CHORD/insomnia girl /kawairitsu /City Lovers
/milopensas (奈良) /ヒトリ夜ブランコ
※kawairitsuの出演時間は17:30~を予定しております。